などあってはては禿

「うさぎさんのお目々になって、どうしたね?初雪、涙が出るような悲しい目にあったのかい?兄さんになんでもお言い。」「あい……。いいえ、なんでもありんせん……。」ふるふると首を振る禿の花簪(かんざし)が、涙を振るように光を弾き銀のビラビラが揺れた。そして……数日後、大事件は起こる。見習いの禿が、店出しするよりも早く誰かと筆下ろしを済ませ、の面倒<a style="color:#333333;t…

続きを読む

れてはい思い切り

明るい声を涼介に掛けた男は、求に馬乗りになっていた。「……誰だ?お父さんから離れろよっ!おまえ!何やってんだよっ!」闇雲に、求に覆いかぶさった大きな背中を蹴ろうとして、振り払われた涼介の身体は床に叩き落如新nuskin產品された。「うあっ!?」虹が華桜陰学園初等科に入学する前年の話だった。6歳になったばかりの月虹は、本妻の子供よりも出来が良いとの理由で、母親から引き離されて一人、仙道本家に引き取…

続きを読む