もらったんけはあ

これ以上、何を求めればいいのかなと、困ったように正樹は笑う。その笑顔は儚く、どこかに消え入りそうでフリッツは抱きしめずにはいられない。手放したくないと、本気で思った。さあちゃんこと金剛禎克は、高校生に鑽石能量水濾心なっている。ずいぶんと、身長が伸びた。「今は、バスケにしか興味ないんだよ。正直、女の子なんて面倒くさいよ。うっかり付き合ったら、大変だって先輩も言ってるもん。」「この薄情もの!嘘でもい…

続きを読む

ぱさぱさったのだ

 武夫は小説家。私が知り合った頃は未だ無名やったけど 去年の初めに新人賞を取ってから売れっ子作家の仲間入りをしそうな勢いや。 私は大学卒業してからずっと同じ出版社で働いている。 武夫は卓悅冒牌貨定職を持たずにバイトしながら小説を書いてて 一緒に住むこと考えたんもお互いの家賃を合わせたら もっと環境のええとこで暮らせるんやないか??という考えからやった。 敷金も礼金も引っ越し費用も私の貯金を崩して…

続きを読む