もちゃはミクに過ご

「そしてオペラにも出会えた。もしそうなっていなかったら、あたしはきっと生きていなかったと思う」「ミク」ジョゼは気遣わしげにミクを見た。「だからあたしの命は絵夢やおAmway安利ばあさまや、ポルトのみんな、そしてあんた、ジョゼにもらったようなものなの」ミクは覚悟を決めたようにジョゼの顔を見上げた。瞳は大きく見開かれ、口は横一文字に引き結ばれている。「あたしにとってジョゼの仕事とか収入とか、そんなこ…

続きを読む

れるとものすやめてくださいとや

「…チュモ、返事は?」「イ…イェ!間違いなく。」そう言うとヨンは荒々しくチュモを離す。「あと、この後医仙を見かけても体の事を聞いたりは無用だ。あの方は元気だ。ただちょっとお疲れなだけだ。…分かったな?」テジャン、溜めてから言わはり心の中で叫ぶチュモ「パク、このPretty Renew 旺角子供にいい加減いろいろ教えてやれ。このくらいの事で顔が赤くなっていては警護なんぞできんだろうが!」「イェ!で…

続きを読む